元アイドリング「アイドル業は潰しがきかない、ダンスや歌なんて外の世界じゃ役に立たない」

1: 47の素敵な(神奈川県) (3段) 2021/04/23(金) 13:39:20.94
https://toyokeizai.net/articles/-/420053
 30年近く生きていると「驚く」という体験をすることがそれなりに多くある。

 一口に驚くといっても大まかにはふたパターンあり、衝撃的に、強く短く感じる驚きと、じわじわと効いてきて、気づいた時にハッとするパターンの驚きがある。

 私が18歳からずっと同じ芸能界という広いようで狭い世界にいて、長年お世話になった事務所を辞めてから、ふと(ボイストレーナーになりたいという願望こそあったが)これからどうしようと考えた時、未来へ繋がる自分の可能性の枝葉の少なさに驚いた。これはふたパターンのうち、後者のじわじわ驚いたパターンだ。

 絶望を少々孕んだ驚きを、思考を整理しながら噛み締めていくのは、とても苦い気持ちになった。

 だって、十数年間必死に磨いてきたスキル【ダンス・歌・ルックス・バラエティ能力】はいってみればかなりニッチである。番組や握手会で鍛えた瞬発力は何かに役立ちそうだが、あとは度胸とかやりきる力とか、精神論的なものしか身についていない。本当に潰しの効かないことをやってきたんだなぁと、しばし打ちひしがれた。
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured

続きを読む
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました