【M-line Special】ハロプロOGたちのライブが強過ぎると話題

1: 2021/07/14(水) 08:47:15.78 0
WEBザテレビジョン
https://thetv.jp/news/detail/1041459/
Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/67023d5722e05725551b88f52aeccdd0a5f96f12

no title


ハロー!プロジェクトOGによるコンサートツアー「M-line Special 2021~Make a Wish!~」が大好評だ。

(元モーニング娘。)、鈴木愛理(元℃-ute)、夏焼雅(Berryz工房)、宮本佳林(元Juice=Juice)といった各グループ出身のエースがそろい踏みし、ハロプロ&モーニング娘。のリーダーだった道重さゆみは鈴木と「桃色片想い」をアイドルオーラ全開でデュエット。さらに、17年ぶりのあぁ!(田中、夏焼、鈴木)の復活、つばきファクトリーからソロに移った小片リサの参加、今は女優として活躍する工藤遥(元モーニング娘。)の新曲披露など、わずかな触りだけでもハロプロファンの琴線を刺激するパワーワードがずらりと並んでくる。

今年(2021年)1月から始まったこの「M-line Special」。言うなればOG版のハロコン(ハロプロメンバー総出演の合同コンサート)だが、メンバー構成、セットリストの強さが話題を呼び、半年を過ぎた今も続くロングラン公演となっている。

■磨かれた“現役OG”たちの圧巻パフォーマンス

「M-line Special」の楽しさを挙げるとすれば、まずは贅沢なメンバー構成だろう。冒頭のメンバーはみな、つい数年前までハロプロの看板だった精鋭たち。しかも、グループ卒業後もソロや新ユニットで歌い続けてきた現役パフォーマーだ。便宜上OGと記すものの、進化こそあれブランクは一切ない。圧倒的な“現役感”で見せる歌にダンス、磨き抜かれたステージングはひいき目なしに圧巻だ。

また、共に参加する音楽ユニットBitter&Sweet(田崎あさひ、長谷川萌美)のソウルフルな歌声も聴きどころで、6月末、惜しまれつつも解散したPINK CRES.(夏焼、二瓶有加、小林ひかる)もレギュラーメンバーとして引けを取らない存在感を見せてきた。

そんな彼女たちが作るセットリストはまさに変幻自在。公演ごとにメンバーが頻繁に入れ替わり、顔触れが変わればセットリストもガラリと変化する。鈴木&宮本というレアユニットから始まる公演もあれば、出演全メンバーによるモーニング娘。や℃-uteのヒットナンバーから幕が開けるという公演も。

グループの垣根を越えたメンバー構成、選曲は、さまざまなシャッフルユニットで楽しませていたころのハロコンを彷彿させ、お祭り感あり、驚きあり、懐かしさありのスペシャルな内容だ。また、公演によっては現役ハロプロメンバーもゲスト出演し、これでセットリストはさらに変化する。

■Zepp Tokyoと中野サンプラザホールのセットリスト

例えばこちらは、鈴木、宮本、PINK CRES.による東京・Zepp Tokyo(2月27日)でのセットリスト(Zeep Tokyoセトリ no title
)と、道重、田中、宮本、PINK CRES.、ゲストにモーニング娘。’21の譜久村聖、シークレットゲストに高橋愛が参加した東京・中野サンプラザホール(6月20日)でのセットリスト(中野サンプラザホールセトリ no title
)。

刺激満載の組み立てで、新旧問わず、これを見てワクワクしないハロプロファンはまずいないだろう。前者はまさかの「初恋サイダー」から始まるBuono!祭り。後者は高橋、道重、田中、譜久村が揃ったことでモーニング娘。ナンバーが主軸になり、加えてパートナーを次々に変えていく譜久村シフトも会場を大いに湧かせてくれた。

他公演でも激レアな組み合わせと選曲が出し惜しみなく投入され、高橋がゲスト出演した埼玉・戸田市文化会館(6月26日)では、田中とのモーニング娘。プラチナ期ツートップが復活。さらに鈴木、夏焼、宮本が加わるエースのファイブカードは、純度の高い「ハロプロの歌」を強烈に飛び込ませてくれた。

ちなみにこの「M-line Special」、感染予防策のため声出し禁止、着席厳守だが、ステージを見る、歌を聴くということに集中できるので、この観賞スタイルも決して悪くない。

続きを読む
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました