鞘師里保「私は物がなくても生きていけるということに気付いてほとんどのものを譲ったりリサイクルショップに出しました」

OG
sayasiriho

1: 2021/06/12(土) 12:42:49.23 0
私は昔、全く整理整頓のされていない部屋に
住んでいて。
(話すのも恥ずかしい。。)

部屋を整えておくことが苦手で、
何度かの大掃除を頑張ってみたのですが、
もうこれは一生直らない性格なのだろうと諦
めるほど、改善されなかったのです。
コンプレックスに感じていました。

けれど、タイミングは急に訪れました。
きっかけは留学したこと。

当時は、海外に行って小さな部屋を借りたり、
日本に戻ったりを数回行っていたので、
段々と荷物が邪魔だと思うことが増えたんで
す。わざわざ段ボールで送った荷物も
いくつかは一度も使わなかったり。

その時、
私は物がなくても全然生きていけるじゃない。
と気づいたんです。

だから、また日本に帰国する時には、
ほとんどのものを譲ったり、リサイクルショ
ップに出したりして手放して帰ってきました。

その時の感覚が強烈だったのか、
今では、持っているものもなるべく必要なも
のだけを持つようになったし、
自宅がすっきり整理されていないと気が済ま
なくなりました。買うものもかなり慎重に選
ぶようになりました。

こうして突然習慣が変わることもあるから
不思議です。
https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/2083?page=2

続きを読む
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました